近視・近眼・眼精疲労をトレーニングで回復!(レーシック・眼鏡・コンタクト)

疲れと視力の関係

体力と視力は密接に関係しているようです。
人間は疲れると目がかすみ、視力の低下を感じます。
が、極度に近眼が進んだ人は、疲れによる視力の低下を感じなくなるほど、ひどい状態になってしまいます。
逆に言うと、視力の低下が感じられるようになってくると、視力回復の速度が増していきます。
身体が「あ、これ以上は目に悪いな」と分かるようになってくるからです。


眼鏡を外して生活できるようになるまでは、このようにぶれた視界が続く事になります。
正直、暮らしていくのに結構キツイんですが、そこは我慢。


疲れていない時はこのように、ブレが少ない
なので、朝起きてから遠くを見て、このブレ幅が大きいようならば、目の疲労が取れきっていないということ。


同様に、親指と人差し指の間をもう片方の手で押してみて、しこりがあって痛むようならばやはり目は疲れている状態。



私は視力回復のために鍼治療を受けていましたが、先生曰く「人間の身体は身体の中心から回復していくので、目の回復は後回しになってしまう」との事。
目は細かい欠陥が多く、血の巡りが悪いのもよくないとのことでした。

私も小さい頃から虚弱体質で、体育の授業ではいつもビリでした。
というのも身体の疲れがいつも取れず、人の三倍は回復仁時間がかかると常々実感していました。

ですが様々な疲労回復のアイデアを盛り込んでいくうちに、身体の疲れが取れやすくなり、視力回復だけに留まらず、身体全体の健康状態が改善してきたのです。

とにかく、身体が疲れている間は、視力は回復しないのだと言うことを実感しました。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:視力改善の為の生活習慣
[1]:痛い!網膜のレーザー手術!
[2]:網膜剥離・・・レーザー手術のその後
[3]:失明しない為生活習慣を改めなければ!
[4]:パソコン・ゲーム・テレビは控える
[5]:近眼改善にはとにかく眼鏡を外す!
[6]:度を下げても見えるようパソコン設定
[7]:疲れと視力の関係
[8]:眼精疲労に!マットレスと低反発枕
[9]:視力回復には糖類は禁物
[10]:食事量と疲労回復の関係
[11]:油物を避け、肉類、お酒を避ける
[12]:レーシックの危険性
[13]:猫背は目に悪い!
[14]:適度な運動は目に大変良い
[15]:鍼治療と視力回復
[16]:水道水や目薬で目を洗うのは危険
[17]:シャンプーやリンスも目に良くない
[18]:コンタクトレンズはやっぱり目に悪い
[19]:目のピント機能の改善
[20]:ドライアイ解消、目を動かす癖を
[21]:あなたの目、血走っていませんか?
[22]:眼精疲労と蒸しタオル
[23]:近眼回復に効果大!マジカルアイ
[24]:視力改善、ソニマック!?
[25]:遠視用眼鏡の必要性
[26]:夜更かし、夜食は視力改善の敵
[27]:湿度管理は極めて重要
[28]:遠くを見るにはやっぱこれ!
[29]:寝てる時に視力回復!?
[30]:隈(クマ)と腎臓と視力の関係
[31]:飛蚊症が出たら危険信号!
[32]:網膜剥離一歩手前!網膜傷について
[33]:精力と視力の不思議な関係
[34]:腎臓と視力の密接な関係
[35]:歩くことの重要性
[36]:視力回復のツボ
[37]:脱力法とは
[38]:マジカルアイをいかに生活に取り込むか
[39]:理想的な眼球ストレッチ運動
[40]:塩分と腎臓の関係
[41]:ブルーライトについて
[42]:目が疲労する事に関して
[43]:目をあっためるグッズについて

■関連画像
[疲れと視力の関係−>syuukan]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
視力改善の為の生活習慣



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。