近視・近眼・眼精疲労をトレーニングで回復!(レーシック・眼鏡・コンタクト)

鍼治療と視力回復

私が鍼治療に始めて行ったとき、先生に「こりゃーカチカチだ。ひどい」と言われ、こめかみ部分のしこりに鍼を刺され、グリグリと回されました。
この変なしこりは鍼治療を続けて行くうちに徐々に柔らかくなっていき、それと同時に目が疲れにくくなってきました。
また鍼治療では腰から肩、首にかけて鍼を刺し、特にガチガチに固まっている首の後ろを重点的に治療していました。
鍼治療の先生曰く、こめかみ部分と首の後ろは目に関するツボとのことでした。
また、目のすぐ上の骨(ちょっとくぼんだ所)も目のツボとのことで、ぎゅ〜っっと押されました。
これは結構痛かったのですが、先生が手をはなすとすーっと目の疲労が消えていきました。
それ以降、こめかみと首後ろ、目の上のくぼみを意識してマッサージするようにしています。

その先生曰く「目の回復は身体の中でも後回しにされやすい箇所」とのことでした。
内臓等の身体の中心部に体力回復が始まり、身体の外側に向かって回復していく。
なので鍼治療は身体全体の悪い部分を全体的に良くし、視力の改善をはかっていくということでした。

鍼治療では即効性はない、と先生に言われましたが、私としてはかなり効いたと思います。
朝起きたときの視力の状態がよくなり、また今まで目が疲れても何も感じなかった(麻痺していた?)のに、鍼治療を受け始めてから目の疲れが分かるようになりました。
疲れるとこめかみの上のしこりに違和感が走るため、すぐ分かります。
そしてこのしこりを少し揉むと、すーっと目の疲れが癒えていきます。

私は時間のあるときはこのこめかみ部分にお灸をすることもありますが、これも効きます!
ただ先年灸の取扱説明書には「顔に載せないで下さい」と書いてあるので、あくまで自己責任でお願いします!


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:視力改善の為の生活習慣
[1]:痛い!網膜のレーザー手術!
[2]:網膜剥離・・・レーザー手術のその後
[3]:失明しない為生活習慣を改めなければ!
[4]:パソコン・ゲーム・テレビは控える
[5]:近眼改善にはとにかく眼鏡を外す!
[6]:度を下げても見えるようパソコン設定
[7]:疲れと視力の関係
[8]:眼精疲労に!マットレスと低反発枕
[9]:視力回復には糖類は禁物
[10]:食事量と疲労回復の関係
[11]:油物を避け、肉類、お酒を避ける
[12]:レーシックの危険性
[13]:猫背は目に悪い!
[14]:適度な運動は目に大変良い
[15]:鍼治療と視力回復
[16]:水道水や目薬で目を洗うのは危険
[17]:シャンプーやリンスも目に良くない
[18]:コンタクトレンズはやっぱり目に悪い
[19]:目のピント機能の改善
[20]:ドライアイ解消、目を動かす癖を
[21]:あなたの目、血走っていませんか?
[22]:眼精疲労と蒸しタオル
[23]:近眼回復に効果大!マジカルアイ
[24]:視力改善、ソニマック!?
[25]:遠視用眼鏡の必要性
[26]:夜更かし、夜食は視力改善の敵
[27]:湿度管理は極めて重要
[28]:遠くを見るにはやっぱこれ!
[29]:寝てる時に視力回復!?
[30]:隈(クマ)と腎臓と視力の関係
[31]:飛蚊症が出たら危険信号!
[32]:網膜剥離一歩手前!網膜傷について
[33]:精力と視力の不思議な関係
[34]:腎臓と視力の密接な関係
[35]:歩くことの重要性
[36]:視力回復のツボ
[37]:脱力法とは
[38]:マジカルアイをいかに生活に取り込むか
[39]:理想的な眼球ストレッチ運動
[40]:塩分と腎臓の関係
[41]:ブルーライトについて
[42]:目が疲労する事に関して
[43]:目をあっためるグッズについて

■関連画像
[鍼治療と視力回復−>syuukan]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
視力改善の為の生活習慣



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。