飛蚊症が出たら危険信号!

視力改善の為の生活習慣

私が網膜傷のレーザー治療をするに至った頃、自覚症状がありました。

それは猛烈な目の疲れと、重度の飛蚊症。

飛蚊症は目の前を透明のホコリが横切るような症状。
幼い頃からこの症状はあったので、「まぁいつものことなんだろうな」と思い込んでいました。

が網膜傷のレーザー治療の後、色々調べてみると、この飛蚊症の症状というのは網膜はく離の前兆現象なんですね。
私がレーザー治療をする前は、この飛蚊症の数が異常に多く、青空を眺めては「なんじゃこりゃ?」と思っていました。

また飛蚊症とはちょっと違うかもしれませんが、青空を眺めると白色の細かい粒子が目の前を沢山横切っているような症状がでていたのが印象的でした。

こういった症状がでていたら、すぐに眼科に行くこと!

網膜傷は近眼の人に起きやすく、これが裂傷し網膜剥離へとつながっていきます。
網膜剥離になると視力を失うことになりますが、網膜傷のレベルならばレーザー治療でその進行を防ぐことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました