鍼治療と視力回復

視力改善の為の生活習慣

私が鍼治療に始めて行ったとき、先生に「こりゃーカチカチだ。ひどい」と言われ、こめかみ部分のしこりに鍼を刺され、グリグリと回されました。
この変なしこりは鍼治療を続けて行くうちに徐々に柔らかくなっていき、それと同時に目が疲れにくくなってきました。
また鍼治療では腰から肩、首にかけて鍼を刺し、特にガチガチに固まっている首の後ろを重点的に治療していました。
鍼治療の先生曰く、こめかみ部分と首の後ろは目に関するツボとのことでした。
また、目のすぐ上の骨(ちょっとくぼんだ所)も目のツボとのことで、ぎゅ~っっと押されました。
これは結構痛かったのですが、先生が手をはなすとすーっと目の疲労が消えていきました。
それ以降、こめかみと首後ろ、目の上のくぼみを意識してマッサージするようにしています。

その先生曰く「目の回復は身体の中でも後回しにされやすい箇所」とのことでした。
内臓等の身体の中心部に体力回復が始まり、身体の外側に向かって回復していく。
なので鍼治療は身体全体の悪い部分を全体的に良くし、視力の改善をはかっていくということでした。

鍼治療では即効性はない、と先生に言われましたが、私としてはかなり効いたと思います。
朝起きたときの視力の状態がよくなり、また今まで目が疲れても何も感じなかった(麻痺していた?)のに、鍼治療を受け始めてから目の疲れが分かるようになりました。
疲れるとこめかみの上のしこりに違和感が走るため、すぐ分かります。
そしてこのしこりを少し揉むと、すーっと目の疲れが癒えていきます。

私は時間のあるときはこのこめかみ部分にお灸をすることもありますが、これも効きます!
ただ先年灸の取扱説明書には「顔に載せないで下さい」と書いてあるので、あくまで自己責任でお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました