腎臓と視力の密接な関係

視力と腎臓は、実を言うと密接に関係があります。

腎臓は体内に入った水分を無毒化する解毒作用があるのですが、この腎臓がやられると視力が低下してくるのです。
目と腎臓は密接な関係があり、腎臓が傷んでくると目の周りのくま(隈)が色濃くなってきますね。

腎臓は体の毒を無毒化する機関ですが、この腎臓にとって一番面倒なのが砂糖。
砂糖の害は大きいです。

まず、砂糖自体を毒と認識するのと、砂糖を無害にするために大量の水を必要とするため、腎臓は大量の水を処理しなければなりません。

なので砂糖は極力取らない事。

この腎臓に良いと言われているのがシジミやあさりなどの貝類ですね。
私は冷凍アサリをいつも冷凍庫に入れていて、毎日少量ずつ食べています。

また、これは経験上なのですが、ニンニクもかなり効果がある。
なので、よくニンニクとアサリのスパゲッティを作って食べますね。

腎臓をいたわるには水分の量を減らすのが効果があるわけなので、水を飲み過ぎる傾向のある人は控えたほうがよいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です