眼精疲労と蒸しタオル

視力改善の為の生活習慣

蒸しタオルは正しく使うと視力回復仁効果大です。
ですが、間違った使い方をするとかえって視力を低下させることになります。

蒸しタオルの作り方
(1)適当なタオルを水につける
(2)適度に湿る程度に絞る
(3)電子レンジで30秒程加熱する

これだけで出来上がります。
タオルは手ぬぐいのように薄いものではなく、ある程度ふかふかなものが良いです。
薄すぎるとすぐに冷えてしまい効果が薄いです。

加熱した蒸しタオルの温度は、人肌よりやや熱いくらいが良いです。
あまり熱いと、目にダメージがいってしまうため、逆効果となります。

適当な場所に寝転び、蒸しタオルをまぶたの上に置き、10分程リラックスします。
音楽を聴いたり、お香をたいたりするのも良いでしょう。

丁度、蒸しタオルが冷えてくる頃に、目の周りの血管が「ドクン、ドクン」と動き始めるのを感じられるようになれば、ベストです。

蒸しタオルの危険性としては、あまり頻繁に行わないこと。

私は1時間に一度、日に5回以上蒸しタオルを行っていた時があります。
あるとき、目に変な痙攣がはしり初め、これが1週間ほどおさまらなくなった時があります。
かつ、目の前がなんとなくぼやけた感じが続き、「これは目に良くないな・・・」と思いやめました。

今では眠る前に行うくらいにしています。
何事も、ほどほどが良いようですね。
火傷には十分注意siteくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました