水道水や目薬で目を洗うのは危険

視力改善の為の生活習慣

私は幼い頃からの癖で、朝起きてから顔を洗う際に目の奥まで水道水で洗う癖がありました。
でもこれ、ネットで調べるとどうも良くないみたいですね・・・。

水道水に含まれる塩素が、目を刺激してしまうのでよくないとか。
また、水道水で目を洗いすぎると目の表面の油膜が落ちてしまい、なんとなくがさつくという感じになります。
目は常に涙で覆われていなければならないので、これは良くない。
また、目の表面の油が落ちてしまうと、涙が目に定着しづらくなるようで、ドライアイの原因になってしまいます。

目薬なんかも、個人的にはあまり良くないと思っています。
看護婦さんに聞くと、涙に勝る目薬は無い、とのこと。
防腐剤の入った目薬はなおさら目に良くないのは分かりますよね。

私はド近眼だった頃は、30分毎に目薬を使っているようなひどい状態でした。
それでも目が乾いて乾いて仕方なかったのですが、網膜のレーザー治療を受けてから3ヶ月くらいたった後に、目薬を使うのをやめてみました。
一週間ほど経つと、あの異常な目の乾きが徐々に収まってきて、今では目薬を全く使わなくても良い状態になりました。
ドライアイの原因の一つは、目薬にあったようです。
目の表面を覆っている涙による油膜が、目薬や洗眼により落ちてしまうことが、ドライアイの原因の一つだったのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました