マジカルアイをいかに生活に取り込むか

マジカルアイにより目のピントを合わせる筋力を鍛えていく必要が有ることを今まで述べて来ました。

マジカルアイなくして視力回復はない。
そう断言してもよいほど、マジカル・アイは重要なものですね。

普段から裸眼や度をさげたメガネで生活することも大切なのですが、マジカルアイにより目のピントの調整筋肉を鍛えていないと、いつまでたってもボケーッとしか見えません。

マジカルアイで毎日少しずつ鍛えていくことで、視力は徐々に回復傾向へと移行していくわけです。

ただ、マジカル・アイは筋肉トレーニングなので単調になりやすく、正直飽きます。

なのでマジカルアイをいかに生活に溶け込ませ、自然にマジカルアイによる筋肉トレーニングを行える環境を作るか、が重要となってくるわけですね。

<<1
私はこのように、マジカルアイの一部分を切り出して枕元に置いてあります。

マジカルアイの本自体をもって前後に・・・というのも悪くはないんですが、本を開くという手間が面倒ですし、小さい本とはいえ重いので、前後左右に動かしていると手がつかれてしまう。

<<2
これはiphoneの待ち受け画面に設定したものですね。

マジカルアイの存在を忘れないようにする工夫です。

<<3
これはトイレにマジカルアイが貼ってあります。
朝一はかならずトイレに向かうため、毎朝起きた後に軽めのトレーニングが出来る、というわけです。

このように、普段の生活で目に付く場所にマジカルアイを置いておくことで、気が向いた時にさっと目の訓練が出来る体制を作っておくと良いですよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です