パソコン・ゲーム・テレビは控える

視力改善の為の生活習慣

さてさて、タイトルはまさしく「目に悪い」と言われるものの代表的なものですね。
まさに「何を今更!」と言われる事です。

パソコン・ゲーム・テレビ、全てをやめることは、正直できませんね。
私もゲームとテレビはもうほとんど見るのをやめましたが、パソコンだけは残っています。
ただ、ゲームやテレビと比較して、パソコンはそれほど目にかかる負担は大きくないと思っています。

ゲームやテレビは画面の動きがかなり激しく、目を著しく疲れさせます。
パソコンの画面は基本的に静止している状態なので、まだマシです。

ゲームの場合、
・ファミコン時代のような現色(赤・青・黄)がはっきりと出ているゲームは著しく目を疲れさせる。
・FPSや3Dゲームは目が通常の生活とは違う動きをしているようで、目が疲れる。
・大画面でのゲームのプレイは、視点を激しく動かすため疲れる。
・暗い部屋でのゲームのプレイは例外なく疲れる。

テレビの場合も似たようなものです。

とにかく、スクリーンに映し出されるものは控えるべきですね。
逆にゲーム・テレビにどっぷりはまっているならば、視力の回復は難しいでしょう。
生活習慣および趣味、ライフスタイル自体を変えるべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました